Oyster Kitchen Reikoイメージ
Oyster Kitchen Reikoイメージ

Oyster Kitchen Reiko/ オイスター キッチン レイコ

美味しさの追求には、終わりがありません

~津田宇牡蠣から始まるブランドストーリー~

津田宇牡蠣は1年で育ち、長く海の中にいないので殻や身に特有のエグみや磯臭さが入りません。
加熱しても小さくなりにくいのが特徴です。
津田宇牡蠣はまだ知る人ぞ知る存在。
「この牡蠣を味わって、初めて牡蠣を食べたと言える。」
そんな強気の言葉も出てくるほど、美味しさが違います。
この津田宇牡蠣をもっと活かした美味しさづくりができないかと考え、しあわせレシピや津田宇ブランド食品の開発に至りました。

Oyster Kitchen Reiko
津田宇ブランド食品
牡蠣の醤油煮

津田宇ブランド食品は、環境や健康に配慮した生産方法・優れた食感や品質・地域性のある素材など個性・特徴があり、かつ法令の遵守・生産管理体制などが整備された食品です。

地域の活性化と新鮮な魚介類をさらに美味しくという思いから、たつの市の名産でもある醤油を使ってじっくり煮込んだ『牡蠣の醤油煮』など独自のブランドを開発をしています。

今後も多彩な商品づくりを目指す津田宇ブランド食品にご期待ください。

牡蠣の醤油煮
牡蠣の醤油煮
牡蠣あめ
牡蠣あめ
牡蠣のアヒージョ
牡蠣のアヒージョ
津田宇牡蠣×しあわせレシピ(フードコーディネーター 山本恭瑚 料理監修)
漁師が伝授する新鮮な津田宇牡蠣の扱い方

★調理前Point★ むき身の洗い方

むき身の洗い方イメージ

ボウルなどに水(水道水などの真水)をたっぷり入れます。

むき身の洗い方イメージ

両手でやさしく牡蠣を包み込み、水の中でゆっくりと回転させながら洗ってください。ざるに上げて水を切り、次はボウルに酢水を入れて洗います。
同様にざるに上げて水を切り、真水を入れて洗います。これを2回繰り返します。

★調理Point★ 殻付き牡蠣の調理法

殻付き牡蠣の調理法イメージ

殻付き牡蠣を美味しく調理するには蒸すのがオススメ。
エキスを逃さないでふっくらと蒸しあがります。
蒸し器またはパスタ鍋でもOK。

殻付き牡蠣の調理法イメージ

蒸気が上がっている蒸し器の中に殻付き牡蠣を入れます。平たい側を上向きにして重ねること。蓋をして、殻の口が自然と開けば蒸し上がりです。

オイスターリゾット

オイスターリゾット

【材料】(4人分)
牡蠣むき身・・・・8粒
米・・・・・・・・180g(1合)
バター・・・・・・10g
オリーブオイル・・10g
にんにく・・・・・1片(みじん切り)
玉ねぎ・・・・・1/2個(みじん切り)
白ワイン・・・・・50cc
チキンスープ・・・800cc
粉チーズ・・・・・30g
菜の花(またはアスパラ)・・・1本
(塩ゆでして1/4に切る)
塩・こしょう・・・適量

【作り方】
1.鍋に洗った牡蠣、バターを入れてさっと炒める。白ワインを加え蓋をしてグツグツし始めたら火を止めて、牡蠣は取り出す。煮汁は取っておく。
2.フライパンまたは平たい鍋にオリーブオイルを入れて温め、にんにくと玉ねぎを炒める。玉ねぎが透き通ったら米を入れて炒める。
3.米が透き通ってきたら、チキンスープをお米が隠れるぐらい入れ、水分が蒸発したらさらにスープを入れる。この手順を繰り返す。
4.1.の牡蠣の煮汁を3.に加え、米に少し芯が残る程度の固さになったら、塩こしょうで味をととのえて、粉チーズを加えて混ぜる。
5.チーズが混ざったら、火を止めて1.で取り出した牡蠣と塩ゆでした菜の花(またはアスパラ)をバランス良く盛りつける。

▲PAGE TOP