海外への展開

津田宇水産の牡蠣は日本だけでなく、

世界へ輸出されています。

  • 室津湾は揖保川と千種川に挟まれています。山から流れるミネラル豊富な栄養素のおかげで、湾はカキの餌である植物プランクトンが豊富です。そのため、12ヶ月のカキのサイズは全国で最大になります。日本の他の地域の24ヶ月または36ヶ月のカキと同じくらいの大きさに成長します。
  • 12ヶ月の牡蠣の殻は、24ヶ月または36ヶ月の牡蠣よりも薄いため、同じ重量の牡蠣を比較すると、12ヶ月の牡蠣は殻に対する肉の比率が高くなります。
  • 牡蠣は筏の下に吊るされて養殖され、一度水から引き上げられて磨かれ、さらに3週間海に戻されます。
    この方法はより多くの時間と労力を必要としますが、それは一貫して高品質のカキを供給することになります。カキは紫外線装置を使用して滅菌タンクに約20時間入れられます。
  • 海の塩分が多いと、甘くてフルーティーな味わいの牡蠣が有名になります。
  • カキ養殖の歴史が比較的短い兵庫県では、ノロウイルスの症例はありませんでした。
  • カキ養殖業者は、過度に混雑した養殖を避け、季節ごとにすべてのカキを収穫し、次のシーズンにはカキが残りません。
  • 毎年4月以降に海底を掃除することで、カキや汚泥が落ちないようにベッドを浄化します。
  • 製品は12ヶ月の牡蠣であるため、価格は24ヶ月または36ヶ月の牡蠣よりもリーズナブルです。

 

出典:https://www.approduce.jp/page2_1.html